奥女中たち



(観劇日)92年10月15日28日

まずスズナリに入ると壁面中金蒔絵、天井には鳳凰の飾りと、舞台と客席が一体になって一つの部屋のような作りになっていて、ここがスズナリであることが信じられないほどの飾り具合。入れ込み中には、花組芝居旗揚げ公演の「ザ・隅田川」のエンディング・テーマ曲が流れ、やがてスパニッシュ・ギターの「アランフェス」に切り替わると御簾が上がって舞台が始まる。ゆっくりと写し出される奥女中たちの生態(?!)が極めて印象的なオープニングシーンである。

「ザ・隅田川」には、お家乗っ取りをたくらむ岩藤(加納幸和)が、善役尾上(松本文彦)を草履打ちで辱めたが、やがて悪事があばかれ殺されるというエピソードが描かれていた。その原作の歌舞伎作品「鏡山旧錦絵」の続編に当たる「加賀見山再岩藤」にジャン・ジュネの「女中たち」を突き合わせたのが、今回の「奥女中たち」である。
初めはどうなるんだろうと思っていたけれど、予想していたより二つの作品の突き合わせがしっくりいっている。「女中たち」の部分がうまく歌舞伎言葉に翻案できているせいもあると思うが。

「加賀見山再岩藤」は別名「骨寄せの岩藤」とも言うが、墓場から岩藤が生き返ってくるシーンと梅の方(水下きよし)が折檻されるシーンが盛り上がる。雷鳴やひとだまなどの仕掛けも多い。「ザ・隅田川」では圧倒的な底意地の悪さを見せつけた岩藤だが、今回は幽霊なのでそんなに意地悪くはない。しかし、草履打ちをする岩藤の嬉しそうなこと!元祖(^^;)岩藤のカーリーヘアも健在である。

私は「女中たち」を見たことがないので詳しくはわからないが、二代目尾上(北沢洋)とその女中の姉妹、辰(原川浩明)と勝(佐藤誓)の心理関係がジュネの部分を背負っている…らしい。「再岩藤」の部分の鮮やかな盛り上がりに比べて、じっくりと芝居を見せる対照的な作りにしているのはわかるが、もう一歩、更に緊張感があれば…と思う。(お客は欲張りなのです(^^;)

年寄・置霜の広田豹さんが生きながらにして魑魅魍魎になったようなババアぶりである。尾上の腰元衆役の植本潤さん・大井靖彦さんと梅の方の女中役の桂憲一さん・中脇樹人さん・八代進一さんはそれぞれ軽い役どころながら思いきりやっているのが気持ちがいい。特に初の女方役である大井さんが植本さんに引けを取らずに生き生きとしていたのが目を引いた。
不思議な余韻を持つラストシーンといい、現在の花組芝居の力を出し切った作品だろう。私は強力にお薦めします。

(92.11 FSTAGE)



花組芝居満5周年記念の写真集用のメイキングページの取材で、この公演のお稽古場にお邪魔してました。「芝居を作る」という一つの目的の人の集まりの中で、一人だけテンションが違う人間が混じっていて、気に障ることもあったでしょうに、皆さんに優しくしていただいて今でもとても感謝しております。ありがとうございました。

(97.2)



TOPICS
満5周年を記念して、ザ・スズナリで丸1ヶ月の公演でした。 公演中日からラストの演出が変わりました。公演途中でこういう形での変更をするのは初めてだそうです。後半の演出では、自害したお勝を前に、お辰が岩藤の亡霊と対峙する…という終わりでした。岩藤の亡霊が全てを動かしていたのか……とも思わされるラストシーンでした。


TV中継
1993年2月8日NHK衛星放送にて舞台中継。
この中継のラストシーンは初めの方の演出のバージョンでした。今ビデオを引っぱり出して来て確認したところ、上記のREVIEWに書いた「10月28日」の公演の舞台中継だったのですね。

ホームページへ観劇録目次へ