NY旅行記2004・観劇編

今回の観劇のメイン目的は平成中村座のニューヨーク公演を見ることでした。

ありがたいことにゲネプロも見せて頂いたのですが、リンカーンセンターの前から「小屋ってこっちだよね……」と左に曲がった瞬間、たくさんの幟が見えて、ホント、鳥肌が立ちましたね。

ゲネ、初日、21日と3公演、貴重な公演を実体験することができました。海外公演って必ずしも日本に伝わる評判どおりではなかったりするみたいなんですけど(^^;ゞ、これは掛け値なしに現地の方の評判も素晴らしかったですね。(公演レポートを9月7日発売のレプリーク10月号に書きましたので、よろしかったらそちらもご覧下さい)
夏のニューヨークは無料のイベントが目白押し!

私が行ったのは二つ。

ニューヨークフィルの野外コンサートは、セントラルパークの芝生に座って鑑賞。私たちは念を入れて2時間前くらいからスタンバイしてたんですが、時間が迫るにつれて、どんどん人が密集(笑)。日本の100円ショップで買っていったビニールシートがとても役に立ちました。皆、お酒を飲んだり食べたりしながらコンサートを自由な感覚で楽しんでいましたね。

も一つは「ブロードウェイ イン ブライアントパーク」。現在公演中のブロードウェイの出演者が4組くらいずつ、何曲か歌う、という催しです。何週にも渡ってほぼ全ミュージカルの抜粋が演じられるという、日本では「ありえない!」企画です。
私はこれで見て「ヘアスプレイ」を見よう!と思いましたから、宣伝効果も十分あるんでしょうね。

こういうものが無料で見られるのって、日本では考えられないし、ショービジネスの本場・ニューヨークの奥の深さを感じました。
ミュージカルで見たのは「ヘアスプレイ」と「ワンダフルタウン」の2本。
「ワンダフルタウン」はとにかく主演のドナ・マーフィが達者。殆ど捨て身?のようなアメリカンギャグが冴え渡って、お客さんには大受けでした。

「ヘアスプレイ」は前向きな主張がある、アメリカンミュージカル。お母さん役の男性の怪演?が印象的です。
ホームへ  NY旅行記indexへ