NY旅行記2004・観光編

4度目のメトロポリタン美術館ですが、相変わらず廻りきれませんでした。英語の無料ガイドツアーにも参加したんですけどね。

←この状態がフェルメールの絵が5枚並んでるところって信じられます……(笑)?
改装により、いつもと違う場所に展示されていたからとはいえ、なんとも贅沢な鑑賞環境ですな。
メトロポリタン美術館と同日なら無料で行ける別館のクロイスターズ。「僕たちのアナバナナ」という映画でも出てきます。宗教絵画、建築が中心なのですが、落ち着いた佇まいでとてものんびりできました。マンハッタンの北端にあるのですが、時間がある方にはお勧め。

ここからの帰りはバスで。途中ハーレムのあたりを通るので、バスからハーレム観光もできます。今はメインの通りならハーレムも(昼間は)安全ということなので、次回NYに行くときは125丁目あたりにも行ってみたいなあ。
後半の宿、「ワンハンドレッド」からはブルックリンブリッジは歩ける距離。歩いて渡ってみました。自由の女神も遠くに見え、マンハッタンの摩天楼がだんだん近づいていくのがとても楽しかった。
これはチェルシーホテルです。セックスピストルズのシド・ヴィシャスが恋人のナンシー・スパンゲンを殺害したところですね。「シド&ナンシー」の映画も見ている私としては、なんだかとても感慨深かった。

今回初めて行ったチェルシーの町の雰囲気もちょっとロンドンふう?で良い感じでした。

ニューヨークの魅力って、ほんの5分歩いただけでがらっと雰囲気も町の空気も変わる。その多面性にあるのかなと思います。ニューヨーク4度目ですが、まだ行っていないところもたくさんあって、また新たな魅力に触れに行けたらいいな。
ホームへ  NY旅行記indexへ